イベント

記念交流会において60周年記念川柳の選考を行いました

今年の初めに募集を開始しました60周年記念川柳。お題は、NHK大河ドラマ「青天を衝け」で話題の「渋沢栄一」と、フリー(お題自由)の2つです。応募総数96句の中から既に決定した優秀作品を創立60周年記念誌の98頁に掲載し、各賞を決めるための事前投票を行った結果、以下の8句が入選となりました。

(1)外出時 財布戸締り 今マスク
(2)我が人生 不要不急で 出来ていた
(3)再雇用 欲しい人ほど 手を挙げず
(4)「聞いてない」メールをみたら 聞いていた
(5)ネタなくて 3日で終わる 社長ブログ
(6)万札の 顔が教える 使い道
(7)余が居れば コロナ退治で 起業せん
(8)万札の 渋顔にらむ キャッシュレス       ※(6)(7)(8)が渋沢栄一

記念交流会においては、原田先生が羽織と利休帽を身に着けて登場。司会の松本先生と絶妙の掛け合いを行いました。投票方法説明の後、Googleフォームを利用して最優秀作品賞の金・銀・銅にあたる「天・地・人 」各賞(3作)と佳作に該当する「客5句」(5作)の投票が行われ、以下の各賞が発表されました。

最優秀作品「天・地・人」
「天」我が人生 不要不急で 出来ていた
「地」万札の 渋顔にらむ キャッシュレス
「人」外出時 財布戸締り 今マスク

佳作「客5句」
・再雇用 欲しい人ほど 手を挙げず
・「聞いてない」メールをみたら 聞いていた
・ネタなくて 3日で終わる 社長ブログ
・万札の 顔が教える 使い道
・余が居れば コロナ退治で 起業せん

ご投票いただいた皆様、ありがとうございました!

募集時のチラシはこちら

お問い合わせボタン

-イベント

© 2021 東京都中小企業診断士協会城北支部(会員)